スポンサードリンク
   


大型犬とロングリード。ベストとな使い方と注意点。


犬と散歩に行く時には当然、リードを使います。
リードといってもいろいろあり、
どういうタイプのものにしようか悩みます。
最近はロングリードが人気のようです。
なぜか、柴犬がロングリードを使っているのをよく見ます。
なにか理由があるのでしょうか。
ところで、大型犬ロングリードはベストでしょうか。
ロングリードのメリット、デメリットや
使い方、注意点を探ってみたいと思います。

大型犬とロングリード

私は大型犬は短引きのリードがよいと思っています。
理由はいろいろですが、
短引きで大型犬を連れて歩こうと思えば、
トレーニングがされている犬でなければいけません。
言い方をかえれば、短引きリードで歩いている大型犬は
飼い主もトレーニングのあれこれを知っている、ということになります。
しかし短引きリードは 当然、行動範囲はとても狭く、
広場で駆け足をしたり、ボールを使ったりする遊びには不向きといえます。
そういう時にロングリードがいいと聞きます。



ロングリードには小型犬向きのものと、
大型犬向きのものがあるので 気をつけなくてはなりません。
何が違うかといえば、太さです。
大型犬の力でも大丈夫な太さが必要です。
小型犬のロングリードが12ミリほどに対し、
大型犬用は約20ミリと太く作られています。
長さは10メートルのものもあれば、30メートルあるものもあります。
どういう場所で、何が目的で
大型犬にロングリードを使うかを考え、長さは決めた方がいいですね。

ただ、犬を自由に歩かせたいからという理由で
ロングリードを使う飼い主がいますが、これは好ましくありません。
どんなことが起こるか分からないし、他の人に迷惑をかけてもいけないので
散歩中は一般的なリードを使い、
広場でトレーニングをするとか、ボール遊びするという目的のときは
ロングリードがおすすめです。

気をつけなくてはならないこともあります。
例えばロングリードが10メートルあるからといって
10メートル使えるわけではありません。
犬が勢いよく10メートル走っていけば、
マックスのところで引き戻されることになり、
地面に体ごと叩きつけられる、または
首一点に負荷がかかり、傷めてしまうことが予想できます。
また、半径10メートルですから、
かなりの場所を自由に動くことができるので、
半径10メートルの円の中に
他人が入ってきた時のことを予測しておかなくてはなりません。
つまり、大型犬がロングリードを使うときだけでなく、
中型犬でも小型犬でも、「待て」「呼び戻し」
完全にトレーニングできている犬でないと
ロングリードを使うことは危険が伴うということです。

最後に、ロングリードの種類の中に、伸縮リードも含まれる場合がありますが、
伸縮リードは大型犬にはむいていません。
リードそのものが細いものが多く、
大型犬の力では切れたり、またストッパーがかからなかったり、
というケースが多々あるという報告があります。
普段の散歩には 一般的なリードを使うことをおすすめします。
posted by 大型犬は甘えん坊 at | 犬との生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


クレジットカ―ド 特典