スポンサードリンク
   


大型犬のご飯の量で迷ったら。


大型犬ご飯の量ってすごいんでしょう!」
ってよくいわれます。
「エサ代、大変ね!」
なんて言ってくる人とは、犬について話す気がなくなります。
「この人全くなにも分かってないな。
そもそもエサって言わないで。ご飯だよっ!」

と私は心の中で意地悪く叫んでいます。

大型犬を飼っていない人には わからなくて当たり前なのですが、
大型犬だからって、莫大な食事代になるかっていうと、
全くそんなことはありません。
そもそも、大きいからって
満腹なるまでご飯の量を与えたりはしません。
そんなことをすれば 肥満犬まっしぐらになってしまい、
短命な犬になってしまいます。

では、大型犬のご飯の量はどのくらいか、といえば
これが一概にはいえないのです。
なぜならば 大型犬とひとことでいっても 
実にいろんな大きさがあるからです。
例えば、比較的身近に飼っている人が多い
トイプードルで考えると分かりやすいと思うのですが、
同じトイプードルでも、
ティーカッププードルと間違えるほど小さな子もいれば、
とても大きなしっかりとしたトイプードルもいます。

大型犬も同じことです。
同じ犬種の大型犬でも、その大きさはまちまちです。
ですから、大型犬のご飯の量と
ひとくくりにできないのは そういったことからです。

気をつけておきたいことは、
ドッグフードに記載されている「与える量」
量が多く書かれていることが
多々あることを知っておきましょう。
なぜならば、答えは簡単。
早く食べて次を買ってもらうためです。

ならば大型犬のご飯の量はどのようにきめればよいか。
大型犬は実に立派な食べっぷりなので、
ついつい与えすぎてしまいます。
与えすぎて肥満犬にならないように気をつけるコツは
ご飯の量をきちんと何gか決めることです。
決して目分量でなく、毎回きちんと量るのです。
はじめは戸惑いますが、その内、愛犬の適量がわかってきます。
大型犬のご飯の量は はかってから与えること。
これが健康管理にもつながり
長寿犬へと繋がると、私は信じています。
posted by 大型犬は甘えん坊 at | 犬との生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


クレジットカ―ド 特典