スポンサードリンク
   


大型犬の牛皮ガムを選ぶコツ。


犬を飼っていると、
おやつにチューインガムをあげることがありますね。
そうです、牛皮ガムです。
小型犬も中型犬も、大型犬牛皮ガムは好きですね。
犬の大きさに関係ありません。



牛皮ガムの特徴は、長時間噛んでいられることです。
虫歯予防にもなるし、犬のイライラするストレス解消にも、
実はひと役かっているといわれます。
もちろん、あごの訓練にもなるので、よいとされています。

さて、大型犬の牛皮ガム
どのくらい与えればよいのでしょうか。
大型犬はドッグフードの時と同じで、実に食べっぷりがいいので
飼い主はついつい量を多く与えすぎてしまいます。
大型犬にあげる牛皮ガムも同じことで、ついつい与えすぎて、
その後に 犬が牛皮ガムを吐いたり、下痢をしたり、
なんていう経験を 大型犬の飼い主は
一度くらいあるのではないでしょうか。

大型犬の牛皮ガムで難しいところは
牛皮ガムの大きさと種類だと思います。
街中にあるペットショップや大型量販店のようなところでは
中型犬から小型犬に対するものは多く販売されていますが、
大型犬のものは あまり手に入らないというのが現状です。
ですから、中型犬や小型犬用の細い牛皮ガムで
間に合わせようと買って大型犬に与えると
上手に噛んでくれる大型犬も多くいますが、
そのまま噛まずに 飲み込んでしまう大型犬もいるのです。
我が家のゴールデンレトリバーは 飲み込んでしまうタイプです。
その結果、そのままの姿の牛皮ガムを 吐いてしまったりするのです。
これでは、噛むという行為をしていないだけでなく、
体の他の部分に負荷をかけてしまっています。

やはり大型犬には
大型犬用の牛皮ガムをあげなくてはなりませんね。
でも、それはそれで難しい問題があります。
トムとジェリーのアニメなんかででてきそうな、
大きな骨の形をした大きな牛皮ガムも売られています。
大型犬にしっくりマッチして
つい買い与えてしまうことはないでしょうか。
でもこれを、まるまる一本食べてしまったら、これは食べ過ぎです。
楽しそうに噛んでいる途中でも
飼い主に返すことができるかどうかは大切なことになります。
犬が自分大切なものでも、
飼い主にいつでも返すことができるかどうか、
その訓練ができるようにトレーニングしましょう。
それができれば、大型犬に渡す牛皮ガム
大きなサイズのものでも 食べ過ぎを防ぐことができます。
posted by 大型犬は甘えん坊 at | 犬の食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


クレジットカ―ド 特典