スポンサードリンク
   


大型犬の夏の散歩は犬の熱中症ややけどに注意して!


大型犬には毎日の散歩が必要ですが
散歩には悩みがイッパイありますね。
大型犬散歩はどんなことに注意すればいいでしょうか。

梅雨が明けると当然、暑い夏がやってきます。
人間も暑さには参ってしまいますが、
汗腺がほとんどなく、体温が高い犬にとっては
もっと暑さがこたえる夏の季節です。
気をつけてあげたいのは夏の散歩。
しっかりと暑さ対策を取ってあげて、
できれば朝早い時間と、夕方遅い時間に
大型犬は散歩に連れてあげてほしいです。



とはいえ そういっても、
私も家族の生活の時間や、子ども達の学校行事などの時間軸の中、
犬にだけ時間を合わせることは なかなかできません。
どうしても夏の日中の暑い中、散歩に出なくてはならないときもあります。

そんな時は 濡らした人間のTシャツを着せるとよいといいます。
でも、レインコートをはじめ、洋服嫌いな犬もいることでしょう。
我が家の大型犬も洋服嫌いです。
そういう犬には スムーズにTシャツを着せることはできないので
頭からボタボタに水をかけていきます。
気持ちいいのか 嫌がらずに水浸しの頭で散歩にでかけます。
でも、あっという間に乾いてしまうので 夏の散歩の脅威を感じます。

最近は通販やネットショップなどで、
優れものの熱中症グッズも多く販売されています。
そんな熱中症グッズも大いに活用して 
少しでも快適に夏の散歩をしてあげたいですね。

大型犬の夏の散歩で気をつけることは、肉球の火傷です。
人間は靴を履くので忘れてしまいがちですが、
気温が30℃以上の日は、
アスファルトが80℃近くになっているといわれます。
そのため、気づかず外を歩かせてしまうと
肉球を火傷してしまうのです。

飼い主は、必ず自分自身の手のひらでアスファルトを触るようにして
アスファルトがどの程度熱いのか チェックしてみてください。
私は素足でアスファルトに立ってみるのです。
「無理!」
と思ったら犬も無理です。
犬は何も話すことができません。
だから飼い主さんが気配りをして
犬の熱中症や肉球の火傷に 細心の注意を払ってあげましょう。
これは大型犬に限らず、中型犬でも小型犬でも、
犬みんなに夏の散歩には注意が必要です。
posted by 大型犬は甘えん坊 at | 犬の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


クレジットカ―ド 特典