スポンサードリンク
   


大型犬の虫歯や歯周病はこんなに怖いのです!犬のデンタルケアをしてあげましょう。


大型犬虫歯が気になります。
虫歯はうっかりすると歯周病にもつながり、
もっとうっかりすると
歯周病は命にもかかわることになります。

最近は犬の健康診断もあって
ペットの健康にも細かい気配りがされるようになってきました。
ところが、その割に遅れているのが、
犬の虫歯やお口のデンタルケ、つまり犬の歯のメンテナンスです。
大型犬は口も大きいので、
歯周病や虫歯で口が臭くなると 一緒に生活していても気になりますね。

犬の口の中は一般的にアルカリ性で
虫歯菌が繁殖しにくいといわれています。
でもその反面、歯垢や歯石が歯につきやすく、
その中の細菌が原因となって、歯周病にかかりやすいといわれています。
また、最近は人間のおやつをもらったり、
また犬のおやつでも 無意味に味がついていたりと、
犬の虫歯も多くなっているのは事実です。

大型犬の虫歯や歯周病のチェックをしたことがありますか?
犬も長寿になり、現在は多くの犬が虫歯や歯周病にかかっている
と報告されているそうです。
大型犬の歯周病は、
口の中の病気と簡単に片付けないでくださいね。
歯周病は放っておくと そのうちに歯が抜けてしまいます。
また全身にも悪い影響を与えてしまうくらい
恐ろしい犬の病気なのです。

動物病院で犬の健康診断を受けるのならば、
血液検査や体重チェックだけでなく、
同様のケアを口の中も受けて、
大型犬の虫歯や歯周病のチェックもしてあげたいものです。
そう、デンタルケアですね。
身体も歯も共に、ペットの健康に気配りをしてあげましょう。
大型犬も寿命が延びています。
虫歯も歯周病も無縁でいたいですね。
posted by 大型犬は甘えん坊 at | 犬の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大型犬の夏の散歩は犬の熱中症ややけどに注意して!


大型犬には毎日の散歩が必要ですが
散歩には悩みがイッパイありますね。
大型犬散歩はどんなことに注意すればいいでしょうか。

梅雨が明けると当然、暑い夏がやってきます。
人間も暑さには参ってしまいますが、
汗腺がほとんどなく、体温が高い犬にとっては
もっと暑さがこたえる夏の季節です。
気をつけてあげたいのは夏の散歩。
しっかりと暑さ対策を取ってあげて、
できれば朝早い時間と、夕方遅い時間に
大型犬は散歩に連れてあげてほしいです。



とはいえ そういっても、
私も家族の生活の時間や、子ども達の学校行事などの時間軸の中、
犬にだけ時間を合わせることは なかなかできません。
どうしても夏の日中の暑い中、散歩に出なくてはならないときもあります。

そんな時は 濡らした人間のTシャツを着せるとよいといいます。
でも、レインコートをはじめ、洋服嫌いな犬もいることでしょう。
我が家の大型犬も洋服嫌いです。
そういう犬には スムーズにTシャツを着せることはできないので
頭からボタボタに水をかけていきます。
気持ちいいのか 嫌がらずに水浸しの頭で散歩にでかけます。
でも、あっという間に乾いてしまうので 夏の散歩の脅威を感じます。

最近は通販やネットショップなどで、
優れものの熱中症グッズも多く販売されています。
そんな熱中症グッズも大いに活用して 
少しでも快適に夏の散歩をしてあげたいですね。

大型犬の夏の散歩で気をつけることは、肉球の火傷です。
人間は靴を履くので忘れてしまいがちですが、
気温が30℃以上の日は、
アスファルトが80℃近くになっているといわれます。
そのため、気づかず外を歩かせてしまうと
肉球を火傷してしまうのです。

飼い主は、必ず自分自身の手のひらでアスファルトを触るようにして
アスファルトがどの程度熱いのか チェックしてみてください。
私は素足でアスファルトに立ってみるのです。
「無理!」
と思ったら犬も無理です。
犬は何も話すことができません。
だから飼い主さんが気配りをして
犬の熱中症や肉球の火傷に 細心の注意を払ってあげましょう。
これは大型犬に限らず、中型犬でも小型犬でも、
犬みんなに夏の散歩には注意が必要です。
posted by 大型犬は甘えん坊 at | 犬の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬のドッグフードを口コミサイトで調べてみました。


ドッグフードをあげるときに迷うことがあります。
ドッグフードの種類が 余りにもありすぎて、
どれを愛犬に与えたらよいのか 本当に迷ってしまいます。
こんな時、ドッグフード口コミサイトを見ると役立ちます。

飼っている犬種や年齢によって お勧めドッグフードも違うし、
また最近では情報が沢山あって、
評判がいいとされるドッグフードも
人によって意見が大きく違ってきます。
また、医学の進歩や 犬というペットが身近なものとなり
いろんな犬の病気も詳しくわかってきて、
アレルギー体質のワンちゃんの存在もわかってきています。
そんな状況から、アレルギー体質の犬に
いいとされるドッグフードもでてきています。


購入場所もホームセンターから、ディスカウントショップ、
通販やネット販売など、本当にいろいろで
ドッグフードによっては ネットからでないと
購入できないフードもあります。
私が子どもの頃などは まだまだドッグフードの種類が少なく、
犬は人間の残り物を食べていました。
近年は良質のドッグフードがあるからこそ、
寿命も長くなってきているんですね。

愛犬にどんなドッグフードを与えるか、
評判やおすすめは、ネットでの検索、
特に口コミサイトや人気ランキングから沢山の情報が入手できます。
ただ、情報がありすぎて、逆に決められないという欠点もあります。
どのフードにするか決められなくなったら
今はネットの口コミサイトが便利です。
人気の犬のドッグフードもわかります。

高価格は低価格のものより、とりあえずは材料が安心できる。
並行輸入ものは 買わない。 などがいわれるので
ドッグフードを決めるときの 判断のひとつにするといいですね。
それでも迷ったら、例えば かかり付けの獣医さんの
おすすめドッグフードを試してみるのも 確かな方法のひとつです。
posted by 大型犬は甘えん坊 at | 犬の食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬の股関節形成不全は大型犬に多いって本当ですか?


股関節形成不全を知っていますか?
読んで字のごとく、股関節の形成が不全なのです。
つまり、股関節のひっかりが悪い とでもいいましょうか。
股関節形成不全大型犬に多く、
特にラブラドール、ゴールデン、フラットコーテッドなどの
レトリーバー系の犬に多く見られます。

犬と大型犬と股関節形成不全

我が家の犬、ゴールデンレトリーバーも、
生後数ヶ月の子犬のときに 犬の股関節形成不全と診断され、
「このままだと3歳ぐらいで 足腰がだめになる」
と獣医さんに診断されました。
骨の形成不全だなんて、とショックを受けたものです。

調べてみるとレトリーバーの股関節形成不全は
9割が遺伝子、残りの1割は育った環境によるといわれています。
つまり、血縁に股関節形成不全のない犬同士を掛け合わせれば、
遺伝子的に股関節形成不全の犬になる確立が 
かなり低くなるということですね。
キチンとしたブリーダーさんからや 
信頼おける知り合いからの譲り受けならば大丈夫でしょうが、
ペットショップ等で購入してくる犬では まず無理かもしれません。

残り一割の犬が、育った環境の原因でなる
股関節形成不全といわれています。
環境が原因ということは 例えば、
太りすぎている肥満犬であったり、
子犬のときに滑りやすい住環境で育ったりしたことが
考えられるみたいです。

で、我が家の股関節形成不全持ちのゴールデンレトリーバー。
3歳で歩けなくなると言われましたが、
10歳になった今でも 元気に走り回っています。
お世話になったトレーナーさんの指導のもと、
いっぱいお散歩して、走って、筋肉をつけました。
それから体重を決して増やさないこと。
これも10年間守りました。
小さめのゴールデンレトリバーですが
26キロをずっとキープしています。

もうひとつは、我が家の住まいはほとんどがフローリングなので、
犬の歩くところ、生活するところには
カーペットやキッチンマットなどを使い、滑りにくいようにして、
無駄な負担が足腰に掛からないように注意しています。
遺伝子からの原因はともかく、
ちょっとした心がけで 犬の股関節形成不全が防ぐことができるならば、
しっかりと予防してあげたいです。
老犬になってからの寝たきりは 極力避けてあげたいものです。
posted by 大型犬は甘えん坊 at | 犬の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大型犬を乗せる車がわかりません。


大型犬を飼うようになると
大型犬を乗せる車のことを考えなくてはなりません。
もちろん、車がなくても
大型犬を家族として迎えることはできるのですが、
やはり、旅行をしたり、アウトドアでキャンプをしたりすることも
大型犬を飼うからこその楽しみですし、
何よりも病気になったりした時に 動物病院に連れていくのには
大型犬を乗せる車があった方が、ないよりも絶対にいいですね。
もちろん、大型犬のために車を買い替える必要はありませんが、
もし、今、車を買い替える時にきているとすれば、
犬のことも考えた車種を選ぶ方がよいでしょう。

大型犬を乗せる車

では、どんな車がよいか、というと、
最終的にはどんな車でもよいのですが、
できれば、セダンタイプでないとか、ワンボックスタイプですと、
2列目、3列目のシートアレンジがどのようにできるか、とか、
またシートはフルフラットになるかならないか、
ドアはスライド式であるとか、
大型犬を乗せる車として使いやすいものがベストです。
車高も気になるところで、
大型犬ならば自分で乗り降りすることになると思うので、
いずれ老いていくことも考えると
大型犬を乗せる車としては それなりに車高の低いものを選んであげると
いつまでも足腰に負担なく、自分で車を乗り降りできることでしょう。


次項有 ドライブ リード ヒッコリーL【お出かけ アウトドアリード】

大型犬を乗せる車には、
エルグランドのような大きなワンボックスでも
軽自動車のようなかわいい車でもよいのですが、
必ず、犬を固定させなくては危ないです。
これは、乗っている犬も危ないし、
ドライバーも予期せぬ事態になった時に、
運転も危なくなるので、気をつけましょう。
犬を固定するシートベルトのようなものがあります。
リードをヘッドレス等につなげておくものです。
一番おすすめの方法はやはり、ケージにいれて車に乗せることです。
その為には、普段からケージに入る習慣がついている方がいいですね。
大型犬を乗せる車が決まったなら、
犬との行動範囲もひろがりそうです。
posted by 大型犬は甘えん坊 at | 犬との生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


クレジットカ―ド 特典