スポンサードリンク
   


大型犬が寝たきりになることも考えよう。


ひと昔前に比べて 犬も長寿になりました。
大型犬も同じことです。
10年以上も生きる大型犬が少なかったのは ついこの間ですが、
今は10年どころか、
15年を目指している大型犬も沢山いるようになりました。
人間と同じで、長寿になれば介護も必要となってきます。
大型犬寝たきりになることだって じゅうぶん考えられることです。
飼っている以上、なにがおこるかわかりません。
大型犬寝たきりになったら、どんな生活が待っているか、
どういう介護がいいのか、時には考えておきましょう。


先にも言った通り、犬も長寿になりました。
これは人間の住環境がよくなったこと、
室内飼育の犬が増えたこと、
犬の食べ物、つまりドッグフードの質がよくなったこと、
もちろん医学が発達したことなど
いろんな要因があわさって 
犬の長寿へと繋がっていると考えられます。

人間と同じで、長生きをすれば病気になったり、
弱ってくるところも見なくてはなりません。
元気で犬の生涯を終えてくれれば最高に幸せですが
中には寝たきりになる犬もいます。
寝たきりになれば 介護をしてあげなくてはなりませんが、
大型犬が寝たきりになる
中型犬や小型犬の寝たきりよりも
何かと大変で、いろんなことが起こってきます。



まず単純に考えて、体重が重いです。
寝たきりになると 床ずれを心配しなくてはなりませんが、
体を動かすことも一苦労です。
それから通院時に抱っこをしなくてはなりません。
これも想像するだけで大変さがわかると思います。

犬が家にやってきたその日から
飼い主にとっては 人間も犬もなく家族の一員です。
体が大きいからとか 小さいからとかは関係ありません。
もし、大型犬が寝たきりになっても、
今は本当に多くの犬用の介護用品があるので、
取り寄せたり、またそれをまねて家の中のもので工夫したりして、
最後まで少しでも快適に命を繋げてあげたいです。
かかりつけの獣医さんに 知恵をいただくこともひとつの方法です。
大型犬が寝たきりになっても 
少しでも快適にしてあげるためにはどうしたらよいか。
我が家の大型犬も10歳になりました。
寝たきりになんてさせないぞ!
なんて思ってはいますが、
いろんな介護グッズが気になるのが正直なところです。
posted by 大型犬は甘えん坊 at | 犬の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大型犬の運動量のことで悩んでいる人へ。


大型犬運動量ってどのくらい必要なのでしょうか。
これは大型犬を飼う人が、一番にぶち当たる問題点です。
確かに、小型犬よりは大型犬の方が絶対に運動量が多く必要です。
でも「運動量はこれだけです」
ハッキリといえるものがないところが 難しいところですね。


次項有 GOLPARA 〜ゴルパラ〜

例えば人間の子どもに例えてみましょう。
子どもによっては一日中、外で走り回っても
エネルギーが余ってしまう子どももいれば、
部屋の中でじっくりと遊ぶことが好きな子どももいます。
部屋の中でじっくり遊ぶ子供が エネルギーがあまって、
夜に眠れないとか、食欲がないとか、
欲求不満になっているかといえば、そうではありません。
なにが伝えたいかというと、人間の子どもと同じで
犬にも、犬種の差や個体差があるということです。
ですから、一概に大型犬の運動量はこれだけ必要
といえないところが難しいところです。

もともとが狩猟を手伝う犬や牧羊犬であれば、
大型犬に関係なく中型犬でも小型犬でも
運動量はそれなりに必要としてきます。
逆に犬種によっては、狩猟犬や牧羊犬ほど
運動量を必要としない犬ももちろんいます。
だからといって、室内にずっとおいていたのでは、
ストレスの塊になってしまうのでこれは間違いです。

大型犬の特徴としては
トイレを室内のトレーできちんとできる子もいるのですが、
外でオシッコやウンチをする習慣のついている子が
小型犬や中型犬よりも多いということです。
ですから、運動量のためだけでなく、トイレのためにも
一日、2回は連れだしてあげることが望ましいのではないでしょうか。

大型犬の運動量の注意点として、
犬も年齢も考えなくてはなりません。
5歳くらいまでは人間と同じで 成熟していく年齢ですが
その後は一気に年をとっていきます。
年齢に応じて、運動量も減らしていくことを考えなくては、
逆に疲れさせていたり、股関節などを傷める可能性もあります。

結果的に、適切な大型犬の運動量はどのくらいか
を見極めるのは飼い主しかいません。
散歩の様子、普段の様子、家で寝ている時間など
いろんなことを少しだけ気をつけていれば、
犬の変化は分かるはずです。
日常を穏やかに暮らしていれば、
大型犬の運動量は足りていると考えてもよいと思います。
posted by 大型犬は甘えん坊 at | 犬との生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大型犬は後ろ足が弱いのですか?将来、補助具が必要でしょうか?


大型犬後ろ足補助されて 散歩している姿をみかけます。
できれば、自分の犬は
そんな風にはならないようにしたいものです。
どういうことで後ろ足補助する必要がでたのでしょうか。

大型犬の後ろ足の補助

大型犬は 体の弱点として後ろ足があげられます。
特にレトリバー系は後ろ足が弱いとされていて、
多くの犬が早くに 股関節形成不全と診断されます。
ブリーダーさんから譲り受けた犬には少ないようですが、
ペットショップからきた大型犬は、
「足が弱い」と診断される子が多いようです。
これは犬の血統とか家系に関係してきているようですね。

我が家のゴールデンレトリバーもペットショップからきた犬で、
劣悪な環境で生まれたことが想像できる
いろんな問題を抱えていました。
その中の一つとして、
股関節形成不全と診断されました。
わかったきっかけは、
まだ仔犬なのにある日突然、歩けなくなったのです。
人間でいう 後ろ足を流すハイハイのような姿で動きだし、
慌てて獣医さんのところに受診しました。
「3年から5年で歩けなくなるでしょう。」
「あとは後ろ足を補助しながらの生活になるでしょう。」
といわれ、とても暗くなりました。

その我が家の大型犬も10歳を迎え、きちんんと元気に歩いています。
残念ながら後ろ足の弱さは事実で、
特に右の後ろ足が突っ張った感じで歩きますが、
今のところ補助を必要とすることなく、
自分の足でしっかりと生活をしています。

とはいえ、もう老犬です。
近い将来、後ろ足が弱り 歩けなくなる可能性もあります。
そうなれば、補助してあげなくてはならないでしょう。
確かに今は 大型犬の後ろ足を補助する介護用品が多くでていますが、
できれば生涯、補助されることなく
命を全うさせてあげたいな、って思います。
posted by 大型犬は甘えん坊 at | 犬の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大型犬の育て方を間違えると取り返しのつかないことになりますよ!


大型犬を飼うと、育て方で悩むことがあります。
私も大型犬を飼い始めた時は、育て方で悩みました。
時に、悩んで困って、泣いてしまったこともあります。
小型犬を飼うケースと同じように大型犬を飼い始めると
こんなにも違うのか、と驚くことばかりです。

大型犬の育て方

大型犬の育て方が、小型犬や中型犬と何が違うかといえば、
何から何まで 全て違います。
そもそも大きさが違います。
当たり前のことですが、大型犬は大きいですから
私たちが予想もしなかったところにまで 体が到達します。
ですから、考えもしなかったいたずらもします。

例えば、食卓の上のものも食べようと思えば
簡単に食べることができます。
焼き鳥を食べて、串まで一緒に食べてしまい
内臓を傷め 命を落とすケースも多くあります。
これも食卓まで簡単に背が届く、大型犬ならではのことです。
他にもあります。
体が大きい分、力が強いです。
犬はちょっと甘えたつもりでも、
飛びかかっただけで 子どもや老人は転んでしまいます。
身内でもダメなことですが、他人に怪我を追わせたら大変です。
でも実は どれもこれも犬にはなにも関係のないことなのです。
自分の体が大きいことは、
人間がそれぞれの体格の違いがあるのと同じで
犬自身には 全く関係のないことです。

このようないたずらや不慮の事故をどのように防ぐかは、
飼い主である人間の、大型犬に対する育て方なのです。

犬を飼うということは、
飼い主が責任を持って躾をしなくてはなりません。
これは犬の大きさには関係のないことです。
小型犬は飼い主の力で抑えることが まだできます。
でも、大型犬はそういうわけにはいけません。
ですから、大型犬は必ずトレーニングをするべきです。
これは大型犬と生活するにあたって、
飼い主も犬も、そして周囲の人々も
幸せに暮らすための絶対条件だと思います。

最低でも、犬を呼び戻すこと、つまり、
名前を呼べばどんな状況であっても、飼い主のところに戻ってくること、
それから、待てができること
この2つは絶対にできなくてはなりません。
これが大型犬の育て方として、
行うべき最初の一歩として教えるべきことでしょう。

別の言い方をすれば、大型犬をしつけずに育て方を間違えてしまうと、
飼い主が犬をコントロールできなくなり、
最終的に犬が他人に危害を加えたり、
また誤飲をはじめとした不慮の事故が起こったり、
必ず、不幸なことになります。
これらは全て犬が悪いのではなく、
大型犬の育て方を間違えてしまった 飼い主の責任といえるでしょう。
posted by 大型犬は甘えん坊 at | 犬との生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大型犬にだってレインコートはかわいいものを着せてあげたい!


これからいよいよ雨の季節がやってきます。
大型犬を飼っていると、
お天気に関係なく、散歩には出かけなくてはなりません。
雨の日の散歩は、大型犬かわいいレインコートを着せて
雨でずぶ濡れになることを 少しでも軽くしてあげたいです。
そうでなくてもブルーな雨の日です、



大型犬に着せるレインコートは可愛いものがいいです。
少しでも気分が上がれば、雨の日の散歩も楽しめるかもしれません。
レインコートを着ていれば、散歩から帰ってきた時の
後のメンテナンスも軽くて済みます。
飼い主が良い状態でいると、犬も良い状態でいることができるはずです。
雨の日のブルーな散歩は
可愛いレインコートで なるべくストレスフリーにしたいですね。

実は大型犬のレインコート探しは難しいのです。
どうしても 救助犬の様な一色のものしかなかったりします。
おまけにペットショップでは、まず手に入らないうえに、
大型犬とひとくくりにされて、サイズ選びに限界があります。
大型犬でもいろんなサイズがあるのに。



ネットショップでは比較的 数が多く掲載されています。
これはもうインターネットで探すしかなさそうです。
後は、自分の飼っている犬種の
専門ショップを探すのもひとつの方法ですね。
我が家はゴールデンレトリバーですが、
ゴールデンレトリバーのブリーダーさんが グッズ販売も手掛けておられて
アドバイスもいただけるし、
ゴールデン愛が深いので、よりよいものを販売されています。
それぞれの犬種に特化したショップで
レインコートを探すとサイズも分かりやすく、
また可愛いレインコートを見つけることができそうです。
大型犬にも デザインが可愛いレインコートをきせてあげたいです。
大型犬だから、で終わらせたくないですね。
posted by 大型犬は甘えん坊 at | 犬とファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


クレジットカ―ド 特典