スポンサードリンク
   


大型犬には大型犬にあったエサ台を。


大型犬がご飯を食べるとき
お皿が直接、床においてある光景をよくみます。
これはちょっと考えものです。
大型犬には大型犬にあった高さで
ごはんを食べさせてあげてください、
チワワやトイプードルと同じ高さに皿が置いてあると
大型犬はどう考えたって食べにくいことが想像できますね。

どうすればよいかというと、簡単です。
皿を少し高い場所に置いてあげればよいわけです。
家にある、何か手頃な台に、
皿をのせてあげることもひとつの方法ですが、
それでは熱心にご飯を食べている間に
台から皿が落ちてしまう、ということも考えられます。
なんせ大型犬は食べるときも勢いが 小型犬とは違いますからね。


次項有 【セット販売】KPS食器スタンドとステンレス食器皿型20cm

そんな時に便利なものが、大型犬専用のエサ台です。
そんな高価なものではなく、
大型犬の体の大きさに調度いいように作られているから
是非使ってあげてください。
残念ながら小さなペットショップでは余り売られていません。
それだけ大型犬を飼っている家庭が
まだまだ少ないということなのでしょうか。
でも、今は便利なのでネットショップで検索してみると
いろんなタイプのエサ台がヒットしてきます。



我が家のゴールデンレトリバーも
成犬の大きさになった頃からエサ台を使うようになりました。
無理な体勢でご飯を食べることは
犬でも、首や腰に負担になることは用意に想像がつきますし、
老犬になってくると誤飲の恐怖もあるので
やはり大型犬には大型犬の体にあった
自然な体勢で食事を取らせてあげたいものです。

大型犬のエサ台にも、いくつかタイプがあるので
犬がご飯を食べる場所や、
また皿に合わせてエサ台の大きさを見極めて
是非、大型犬にエサ台を用意してあげてください。
posted by 大型犬は甘えん坊 at | 犬の食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大型犬に防寒着が必要なのはどういう時ですか。


大型犬防寒着って使ったことがありますか。
実は立派な機能的な防寒着があるのですよ。
人間でいうダウンジャケットのようなものです。
また最近ではフリーズ素材で作られた
暖かい防寒着もあります、
何となく犬は寒さに強いっていうイメージがあります。
昔の飼い方しかご存知ない方などは
犬は外飼いで、雪が積もれば喜んで走り回る、
なんていう 童謡と同じ世界を思い描きがちですね。



ところが最近は犬の飼い方も大きく変化しました。
外で飼っている人も随分と少なくなりました。
そして、世界中の犬種が日本にも集まってきています。
つまり、日本の気候にあっていない犬種も存在するし、
他にも、北の地域ではこれまで飼われていなかった犬がいたりなど
犬を飼うということも様変わりしてきました。

元々の出身が北の寒い国である犬は
毛も長く、寒さに耐えられるようになっていますが、
そうでない毛の短い犬も多くいます。
例えば、ボクサーやグレートデンはそうですね。
小型犬だとミニチュアダックスフント(スムース)や
チワワが毛の短い犬となります。
このような犬はやはり寒さには弱く、
体を振るわせたり、動きが鈍くなったりすることがあるので
そういう行動や症状が見受けられたら
寒いのかな、と考えてみてください。

必要であれば、防寒着となる洋服
用意してあげたほうがいいですね。
他にも、最近の飼い方として
常に暖かい快適な室内で生活している犬は
散歩などで外出する時に、
室内と室外との温度差を気にしてあげましょう。
大きな寒暖差は、犬でも体調に悪く、
ストレスとなり健康を害する結果になります。

また、一番注意が必要なのは老犬です。
今まで、防寒着どころか洋服さえ着たことがないという犬は、
年を取り、体温調整が飼い主も知らない間に
上手くできなくなっていて
体調を悪くさせてしまうこともあります。
特に夜眠り、明け方の気温が下がるときに
どういう環境で眠っているかを一度見直してみるとよいですね。
人間と同じくパジャマとして、
薄手の綿シャツなどを着ているだけでも
老犬には随分と体に優しくなることでしょう。
大型犬の防寒着も、
今は着やすく脱ぎやすい、よいものが多く販売されています。
飼い犬の大きさにあうサイズを見極めて
室内の防寒着、外出着の防寒着など、快適な防寒着を探してあげましょう。
posted by 大型犬は甘えん坊 at | 犬とファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大型犬が帽子をかぶるとこんなにもキュートだなんて!


大型犬帽子をかぶる姿を連想できますか。
「え〜犬に帽子?」
って私は思いました。
そもそも、帽子なんてかぶってくれるのでしょうか。
我が家のゴールデンレトリバーは
雨の日の散歩でも、レインコートは着てくれても、
帽子は絶対にかぶってくれないので、頭はいつもずぶぬれになっています。
だからでしょうか。
大型犬が帽子をおとなしくかぶってくれるなんて信じがたいし、
必要があるのかな、なんて思っていたのです。



一体、どんな状況下で大人しくかぶってくれるのか、
また飼い主がどういう時に
犬の帽子を必要として かぶせているのか、
インターネットで大型犬の帽子を調べてみました。
すると面白いことが分かりました。
というか、私の認識の甘さだったなと反省しています。



なぜかというと、私は帽子といえば
暑さしのぎや 寒さ対策のためにかぶるものだと思っていました。
ところがネットショップで販売されている大型犬の帽子
どれもこれも、ユニークで、
どちらかといえばパーティーグッズに近いものでした。
「あ、そうか。
大型犬にこういう帽子をかぶせて 愛らしい姿を楽しむのね。」

ということに気がついたのです。

例えば、アマゾンのコマーシャルで登場するゴールデンレトリバーは
幼い子と仲良くなるために、ライオンのたてがみを付けて登場しますが、
これもひとつの帽子ととらえてよいようです。
クリスマスシーズンのトナカイのかぶり物もそうですね。
もちろん、飼い主の人間と同じような帽子も多くあるので、
犬とペアで帽子をかぶるのも多いにアリだと思います。
オシャレでほほえましくていいですね。

犬の帽子の特徴は、耳の部分があいているところです。
脱げないように工夫がされています。
ただ、気を付けてあげたいことは
飼い主の一方的な愛情で帽子をかぶせて
犬がストレスを感じないようにしましょう、
大型犬が帽子をかぶるなんてとても愛らしいですが、
あくまで犬がノンストレスであることが第一条件です。
posted by 大型犬は甘えん坊 at | 犬とファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

防ダニ効果もばっちりの大型犬のアロハシャツは飼い主とペアでクールです!


大型犬が洋服を着て オープンカーに乗っている。
そんなテレビのコマーシャルを見たことがあります、
爽やかな青空で、とても開放的な気分を感じるコマーシャル。
我が家のゴールデンにその姿をかぶらせたものです。
青空、オープンカーときたら
大型犬の洋服はアロハシャツといきたいですね。
なんだか夏のリゾート地を思い浮かべて気分がアップします。
でも、我が家の犬はゴールデンレトリバーです。
ただでさえ暑がっているのに、
犬用とはいえアロハシャツを着せて 暑くないのでしょうか。

インターネットであれこれ調べてみました。
まず、驚いたのは大型犬用の洋服が多く販売されていることです。
小型犬の洋服はペットショップなどでよく見かけますが、
大型犬の洋服は余り売っていません。
店頭に置いてあっても数は少ないし、
色のバリエーションも本当につまらないのですよね。
でも、インターネットで調べると、
大型犬の洋服専門ショップがあって、
それはハンドメイドのものが多く、
世界にひとつしかない大型犬の洋服となっています。
当然、大型犬のアロハシャツも同じこと
常夏の国、ハワイなんかを連想させるアロハシャツがイッパイあり、
爽やかな青空の下で犬に着せてあげたくなります。

問題は暑さのことですが、
きちんと考慮された生地が使われているのですね。
当たり前といえばそうですが、
犬の洋服もこんなに配慮され進化しているのだと驚きました。
着せるだけで逆に涼しくなり、
犬の体温をクールダウンしてくれるだけでなく、
夏に大敵の防ダニ効果もある生地で作られている
大型犬のアロハシャツがあるのです。
着せてあげたくなって当たり前ですね。

ショップによっては、飼い主の人間と同じ柄で
アロハシャツを作ってもらえるところもあるので、
犬とお揃いのアロハシャツで散歩するなんて、
ほほえましくもあり、目立ち度も最高となります。
いかがですか。
大型犬のアロハシャツ。飼い主さんと一緒におすすめですよ。
posted by 大型犬は甘えん坊 at | 犬とファッション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大型犬の暑さ対策にエアコンは必需品!


大型犬をイメージすると、
いつも舌を出してハーハーいっているような姿が浮かびます。
ハーハーいって ヨダレだらけの大型犬を映画なんかでも観ますね。
うっかりして暑さ対策をおろそかにすると
犬も熱中症にかかります。

大型犬の暑さ対策

一般的に、大型犬は暑さが苦手だ、
なんていいますが本当なのでしょうか。
これは、大型犬だから暑さに苦手なのではなく、
犬が全般的に、暑さには敏感であると考えられそうです。
そもそも人間の平熱よりも 
はるかに高い犬は 常に38度はあります。
人間よりも暑く感じるのは当たり前です。
おまけに犬種によっては
立派な毛皮を着ているのと同じ状態になるのですから
それはそれは暑くても当然です。

犬にはきちんと暑さ対策をとってあげなくては
場合によっては命取りにもなります。
それに環境をよくし、体にも負担をかけないことは
寿命にもかかわってくることなので
しっかりと犬の暑さ対策を考えましょう。

大型犬、小型犬に係わらず、夏にはエアコンは必需品となります。
特に暑さ対策として気をつけておきたいことは
飼い主が買いものなので家を留守にするときです。
犬を飼っていない家庭ならば
外出時にエアコンを切っていくことは当たり前のことですが
犬を飼っている家庭は、暑い日の外出時ほど
エアコンを動かしたまま外出をするようにしましょう。
はじめは抵抗があるかもしれませんが
大型犬、小型犬に関係なく、みんな家族と同じです。
外出時に窓も閉め切って待っていることは
飼い主の人間でもなかなか辛いことです。
それが犬になるともっとつらいことですから 気をつけましょう。
大型犬に関係なく、犬は基本は暑さに弱いとされています。
暑さ対策を考えて、寿命を短くしてしまわないようにしましょう。
posted by 大型犬は甘えん坊 at | 犬との生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


クレジットカ―ド 特典